社畜から経済的自立(FIRE)を目指す

40歳代の平凡なサラリーマンが経済的自立(FIRE)を目指して行動する軌跡とそれに関する情報をお届け(副業・節約・投資・FIRE)

MENU

【株式銘柄分析】マネーフォワード Money Forward(3994)~家計簿アプリ SaaS Fintech 成長企業~

こんにちは、ToMO(@tomo2011_08)です。

 

私はサラリーマンをしながら、サイドFIREを目指しています。

 

サイドFIREを目指す上で重要なことの1つとして、「投資」があります。

投資をして、今ある資産を拡大し、経済的自立を達成して、自分のやりたいことを仕事にしたいと思っています。

 

様々な投資の方法がありますが、その中の1つとして株式投資があり、株式投資を行う上で株式銘柄を分析することは非常に重要なことです。

 

日本株式投資をされる方の必需品といえるのが、以下の四季報になります。

お持ちでない方は、以下から購入して読まれることをお勧めします。

 

 

銘柄の事業内容は?、業績はどうか?、配当はいくらなのか?、現在の株価はいくらか?などを知って、投資するかしないかを決定したり、買い時・売り時を判断したりします。

 

私はこれまで20年以上様々な日本株銘柄に投資をしてきましたが、株式銘柄を分析した結果を残すことはしてきませんでした。

それではもったいないということで、今後の銘柄分析の結果をブログに残し、自身のためのみならず、ブログを見て頂いている方にとっても役に立てれば良いと考えています。

 

決算発表時やIRが出たタイミングで、最新の情報に更新しますので、読者登録やブックマークをして定期的にチェック頂くと非常に効果的です。

また、更新時にはX(Twitter)で発信しますので、私のXをフォロー頂くとさらにタイムリーな情報が受け取れ、効果的ですので、フォローをよろしくお願いします。

 

 

今回は、家計管理・資産管理サービスなど金融系のウェブサービスを展開するマネーフォワードについて調査をしました。

 

corp.moneyforward.com

 

株式投資や就活のための企業研究をしておられる方におすすめの記事になります。

 

以下の情報は、2024年4月12日現在の情報になります。

 

 目次

 

会社概要

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

マネーフォワードは、家計管理・資産管理サービスなど金融系のウェブサービスを展開する会社です。

 

MISSIONは「お金を前へ。人生をもっと前へ。」、

VISIONは「すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる。」です。

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

個人向け・法人向けともに月額課金が主な収入源です。

 

ミッション実現に向けてスピード感をもって事業展開や提供サービスを拡張し、現在ではFintech、SaaS領域で国内最大級の顧客基盤を有するようになりました。

主な事業領域であるFintech、SaaS領域は、急激な成長が見込まれる市場として近年世界的にも注目を集めています。

 

このような環境下において、4つの成長戦略を掲げています。

 

  1. Bussinessドメインへの戦略的な投資
  2. 複数事業の運営によるシナジー創出
  3. テクノロジーへの投資による優位性確保
  4. 継続的なM&A

 

スマホで参加!無料の資産運用セミナーで投資を学ぼう【マネきゃん/Money Camp】

 

沿革

▼クリックで詳細表示

2012年5月 - マネーブック株式会社設立

2012年12月 - 株式会社マネーフォワードに商号変更

      お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』リリース

2013年11月 - 『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』リリース

2013年12月 - お金のウェブメディア『マネトク(現 くらしの経済メディア『MONEY PLUS』)リリース』

2014年5月 - 『マネーフォワード クラウド請求書』リリース

2015年3月 - 『マネーフォワード クラウド給与』リリース

2015年8月 - 『マネーフォワード クラウドマイナンバー』リリース

2015年10月 - 株式会社NTTデータと「Open Bank API」の共同検討開始

2015年11月 - 金融機関利用者向け『マネーフォワード』(マネーフォワードfor○○)リリース

2016年1月 - 『マネーフォワード クラウド経費』リリース

2017年6月 - マネーフォワードケッサイ株式会社が、『マネーフォワード ケッサイ』サービス提供開始

2017年9月 - 東京証券取引所マザーズ市場へ上場

2017年11月 - 株式会社クラビスをグループ会社化

2018年7月 - 株式会社ナレッジラボをグループ会社化

2018年8月 - 『マネーフォワード 会社設立』リリース

2019年3月 - 『マネーフォワード クラウド勤怠』リリース

2019年11月 - スマートキャンプ株式会社をグループ会社化

2020年2月 - 『マネーフォワード お金の相談』リリース

     『マネーフォワード クラウド会計Plus』リリース

2020年3月 - 『マネーフォワード クラウド社会保険』リリース

2020年7月 - アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」の運用を開始

2020年8月 - 株式会社アール・アンド・エー・シーをグループ会社化

     『マネーフォワード クラウドBox』リリース

2020年10月 - 中堅企業向け『マネーフォワード クラウドERP』を発表

2020年12月 - 『マネーフォワード 開業届』リリース

2021年1月 - 『マネーフォワード クラウド債務支払』リリース

2021年3月 - 『マネーフォワードFintechプラットフォーム』リリース

2021年4月 - スマートキャンプ社の100%子会社として、ADXL株式会社を設立

2021年5月 - 『マネーフォワード クラウド契約』リリース

2021年6月 - 東京証券取引所市場第一部へ市場変更

     『マネーフォワード クラウド請求書Plus』リリース

     『マネーフォワード クラウド固定資産』リリース

     『#インボイスフォワード』プロジェクトを開始

2021年7月 - 『マネーフォワード クラウド人事管理』リリース

     『マネーフォワード クラウド年末調整』リリース

2021年8月 - 『マネーフォワード Admina』をリリース

     株式会社三菱UFJ銀行との合弁会社である株式会社Biz Forwardを設立

2021年9月 - 『マネーフォワード Pay for Business』リリース

2021年12月 - HiTTO株式会社をグループ会社化

2022年4月 - 市場区分の見直しに伴い、東京証券取引所 プライム市場へ移行

2022年5月 - 株式会社Next Solutionをグループ会社化

2022年7月 - 『Mikatanoワークス』をリリース

2022年8月 - 『マネーフォワード クラウドインボイス』をリリース

2022年12月 - 『マネーフォワード クラウド連結会計』をリリース

2023年2月 - 『マネーフォワード クラウド個別原価』をリリース

2023年4月 - 『マネーフォワード 請求書カード払い for Startups』を提供開始

 

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

 

事業内容

マネーフォワードは、以下の5つの事業からなります。

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

【連結事業】Business 72%、Home 15%、金融機関向け 8%、Finance 5%、他 0%

 

 

時価総額

マネーフォワードの時価総額3,285.57億円です。(2024年4月12日現在)

 

社員の状況

従業員数:連結 2,130名(臨時354名)

     単体 1,473名(臨時148名)

平均勤続年数:2.4年

平均年齢:33.6歳

平均年収:665万円

 

 

業績

2024年1月12日に出された2023年11月期の決算短信は以下になります。

連結売上高は前期比41.5%増、経常利益は赤字幅縮小の-67億3,800万円となっています。

 

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

2024年11月期の業績予想は増収で赤字幅縮小となっています。

 

 

次に、2024年4月12日に発表された2024年11月期の1Q決算の結果です。

連結売上高は40.5%増、経常利益は赤字幅縮小の-11億3,500万円となっています。

 

 

kabutan.jp

 

今なら無料のオンライン講座!投資の達人になる投資講座

 

適時開示情報

2024年5月16日 当社連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ

2024年4月12日 2024年11月期 第1四半期決算短信

2024年4月12日 連結子会社の吸収合併に伴う特別損失(抱合せ株式消滅差損)の計上金額確定に関するお知らせ

2024年1月22日 資本準備金の額の減少及び剰余金の処分に関するお知らせ

2024年1月12日 2023年11月期決算短信

▼クリックで詳細表示

2023年10月31日 連結子会社による株式会社ビズヒントの株式の取得(孫会社)に関するお知らせ

2023年10月13日 2023年11月期 第3四半期決算短信

2023年10月13日 2023年11月期通期業績予想の修正に関するお知らせ

2023年7月18日 2023年11月期第2四半期決算短信

2023年7月18日 2023年11月期通期業績予想の上方修正に関するお知らせ

2023年4月14日 2023年11月期第1四半期決算短信

2023年4月14日 第1四半期連結業績予想と実績との差異に関するお知らせ

2023年1月16日 2022年11月期通期決算短信

 

株主還元について

過去の配当利回りと配当性向は以下です。

成長段階の赤字企業なので、配当はありません。

 

2017年11月 0.00%  -%(赤字)

2018年11月 0.00%  -%(赤字)

2019年11月 0.00%  -%(赤字)

2020年11月 0.00%  -%(赤字)

2021年11月 0.00%  -%(赤字)

2022年11月 0.00%  -%(赤字)

2023年11月 0.00%  -%(赤字)

2024年4月 0.00%

 

株主優待はありません。

 

配当権利付き最終日・権利落ち

配当は、権利付き最終日までに買付をする必要があります。

権利落ち日以降は売却しても、配当の権利は確定できます。

 

マネーフォワードは、5月と11月が配当月になります。

 

権利付き最終日は、2024/5/29(水)・2024/11/27(水)です。

権利落ち日は、2024/5/30(木)・2024/11/28(木)です。

 

 

株価推移

10年チャートで見ると、2021年9月に最高値を付けた後下落し、2022年10月頃から上昇しました。

 

過去10年チャート

 

6か月チャートで見ると、上昇傾向が続いています。

 

過去6か月チャート

 

finance.yahoo.co.jp

 

保険・資産運用・住宅ローンなど幅広い金融商品の無料相談サービス【マネプロ】

 

株価指標

PER(株価収益率=株価が純利益に対して何倍か)  -倍(赤字) (予 -)(赤字)

PBR(株価純資産倍率=株価が1株当たりの純資産の何倍か)  12.29倍

 

赤字企業で株価指標は算定不能ですが、成長段階の企業なのでそれほど気にすることではないかもしれません。

 

EPS(1株当たりの純利益) - (予 -)

BPS(1株当たりの純資産) 512.39

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

ROE自己資本利益率) -% (予 -%)

ROA(純資産利益率) -% (予 -%)

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

自己資本比率 31.4%

 

(引用:マネーフォワード公式HP)

 

自己資本比率の目安は30%なので、安全性は良いといえます。

 

 

比較される銘柄

ミロク情報サービス(9928)

フリー(4478)

アステリア(3853)

 

まとめ

注目されているセクターの成長段階の企業であり、長期的にも株価上昇が見込めそうです。

売上高は今後も拡大していくでしょう。

現状の赤字の状態からどのタイミングで利益を継続的に出していけるようになるかが課題でしょう。

 

配当はないため、値上がり益一択の銘柄です。

時価総額は高めではありますが、株価の上下動はあり、短期投資でも利益を狙えます。

方向感はつかみやすそうなチャートをしています。

 

長期でも短期でも値上がり益を狙うのに適した銘柄といえます。

 

いつかは分かりませんが、将来的には配当が出ることも期待できます。

 

ということで、私の投資判断としては以下です。

あくまでも私の私見ですので、投資の判断は自己責任でお願いします。

 

直近業績:〇

安全性:〇

成長・将来性:◎

収益性:✖

規模:△

割安度:✖

値動き:✖

 

高配当投資:✖

長期投資(値上がり益):◎

短期投資:〇

 

株のプロによる推奨銘柄はコチラ! 

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事がいいと思ったら、いいねやブックマーク、読者登録をよろしくお願いします。

最新の情報を発信していますので、X(Twitter)のフォローもよろしくお願いします。