社畜から経済的自立(FIRE)を目指す

40歳代の平凡なサラリーマンが経済的自立(FIRE)を目指して行動する軌跡とそれに関する情報をお届け

MENU

【金利】楽天銀行での「増やす力」の向上 ~楽天ポイントも含めた資産向上~

こんばんは、ToMO(@tomo2011_08)です。

 

今回は私が使っているネット銀行である、楽天銀行についてご紹介したいと思います。

 

 

私は、楽天経済圏をできるだけ使い、恩恵を受けれるようにしています。

以下のように、使えるだけの楽天サービスを使っています。

 

 

 

このように、楽天経済圏のサービスを使うことにより、楽天ポイントがざくざく貯まりまったり、楽天市場のポイント還元率(SPU)が高くなったり、と恩恵を受けることができます。

貯まるポイントは馬鹿になりません。

一般には、ポイントを貯めることを「ポイ活」と呼び、現在流行っていることになります。

 

楽天銀行を使うことを検討されている方、楽天銀行の特徴を知りたい方におすすめの記事になります。

 

 目次

 

楽天銀行のどこがよいの?

一番の特徴は、楽天証券口座と連携すると(マネーブリッジ)、普通預金金利が0.1%になります。
メガバンク普通預金金利は0.002%なので、その差は約50倍になります!

 

また楽天銀行楽天SPUの対象であり、楽天カードの引き落とし口座に設定すると楽天市場でのお買い物のポイント倍率が+1倍追加になります。

 

※2022年4月1日から以下の改定がありました。

預金額が300万円を超える方にとっては、大幅な改悪となっています。

普通預金残高が300万円以下の人は、年0.1%

普通預金残高が300万円を超える部分は、年0.04%

 

楽天銀行が提供する「ハッピープログラム」にエントリーすると、楽天銀行の優遇プログラムを受けられます。

ハッピープログラムに加入するとATM手数料が最大7回無料、他行への振込手数料が最大3回無料になります!

 

ハッピープログラムとは?

ハッピープログラムの会員ステージは下記の5つに別れています。

  • スーパーVIP
  • VIP
  • プレミアム
  • アドバンスト
  • ベーシック

 

ハッピープログラムにエントリーすることでATM利用料と他行振込手数料の無料回数が増えます。
会員ステージを決める基準は「預金残高」または「取引回数」に応じて会員ステージが決まります。

 

ステージ 条件 ATM利用無料回数 他行振込手数料無料回数
スーパーVIP 残高300万円以上または取引30件以上 7回 3回
VIP 残高100万円以上または取引20件以上 5回 3回
プレミアム 残高50万円以上または取引10件以上 2回 2回
アドバンスト 残高10万円以上または取引5件以上 1回 1回
ベーシック エントリー

 

コンビニ利用でも追加手数料等が一切かからない上に時間帯の指定もないので、朝早くや夜遅くに手続きしても手数料はかからないし、最寄りの銀行ATMを探す手間もいらないので便利です。

 

 

他行振込手数料無料のもう一つの条件とは?

他行振込手数料の無料回数の条件はもう一つあり、「給与/賞与/年金」の受取口座を楽天銀行にすると翌月3回無料になります。

預金残高または取引回数、もしくは給与等の受取口座設定で良い条件の方が適用されます。
例えば預金残高10万円でも給与等の受取口座に楽天銀行を設定すると3回/月が適用されます。

他行振込回数3回はスーパーVIPと同じ回数になるので給与等の受取口座は設定しておくとお得です。

 

 

楽天ポイント獲得倍率アップ

もう一つの優遇特典は対象の取引に対して楽天ポイントが会員ステージごとに付与されます。
ハッピープログラムにエントリーして今まで通り入出金したり給与等の受け取るだけで楽天ポイントが獲得できます。

手続き内容 条件 獲得ポイント
ベーシック アドバンスト プレミアム VIP スーパーVIP
他行口座からの振込 振込のあった日ごと 1ポイント 2ポイント 3ポイント
他行口座への振込 1件ごと
ATM取引(入出金)
ゆうちょ出金
給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
楽天カード口座振替(自動引落) 3ポイント 6ポイント 9ポイント
その他の口座振替(自動引落) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
楽天バンク決済
Pay-easyペイジー
楽天銀行コンビニ支払サービス 10ポイント

 

その他にも楽天証券を利用してる人は、自動出金などの設定をしてると1回の取引に対して1〜3ポイント獲得できます。

 

 

私の楽天銀行活用法

私は楽天銀行に300万円以上の預金をしているので、ステージはスーパーVIPです。

 

さらに、楽天証券とマネーブリッジをしていますし、楽天カードの引き落とし口座にもしています。

そのため、普通預金金利が0.01%(300万円を超える部分については0.04%)ですし、楽天証券で行っている積立投資信託の引き落としでもポイントを獲得できています。

 

金利だけでいえば、あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利は0.2%ですので、そちらも検討する余地はあるかと思います。

2022年4月の改悪によって、あおぞら銀行等を検討される方も多いと思います。

日頃からよく使う口座として楽天銀行を使うことで、手数料もかからず、少ないポイントですが、チリツモでたまっていきます。

 

楽天グループの制度改悪が続いていますが、ある程度、楽天銀行に預金をしてステージを上げられる人、300万円までの預金額であれば、おすすめできるのではと思います。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事がいいと思ったら、いいねや読者登録をよろしくお願いします。